> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> 三国志大戦 情報

三国志大戦 大軍師すげえ 

 最近頂上対決に登場していなかった大軍師ですが、久々の頂上登場でやっぱりすげえわというのを我々にみせつけてくれております。質実が使える計略なのはみなさん御存知だと思いますが、ここまでいやらしいと思ったことはありませんw。


> 三国志大戦日記

三国志大戦 明らかな腕の差 

 時間がないと前回のエントリーで書いたばかりですが、昨日と今日はプレイすることができました。昨日は徳7の青玉1状態から6連勝し徳8へ昇格。今日は攻城兵必須戦で軽く負けた後、全国対戦で1勝1敗で終了でした。
 本日の全国対戦の相手は、双方とも勝率60台後半の方だったのですが、一方は徳6、かたやもう一方は徳11と徳の差は大きく、使用デッキも似たような編成だったにも関わらず、実力差は歴然としたものでした。徳6の方はまだ私と同レベル帯の実力で対戦相手として張り合うことができるレベルだと感じた(現に勝利をおさめることができましたし)のですが、徳11の方とはもう歴然とした差があり、到底敵わないと感じました。まだまだ精進しないとだめですねえ。
 あ、ちなみに本日攻城兵必須戦で使用したデッキは、LE桃園劉備、LE本宮趙雲、SR張飛、SR黄月英でした。欲張ってカウンターを喰らってしまっての落城負け。4枚デッキなのに引き際をすっかり見誤ってしまいました。悲哀という使い捨てデッキを使用している影響ですかねw?

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦 情報

三国志大戦 カードの裏 

 以前にカードは裏の特殊な印刷によって認識できていると聞いたのですが、こんなものだったとは想像してませんでした。意外とかわいいですねw。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 俺には時間がないのだ 

 こんばんは。今日のタイトル名は、別にカク昭の強さを言いたいのではなく、リアルな私の心情を表していますw。そんなわけで三国志大戦を全くプレイすることができておりません。とりあえず今週末に開催予定の攻城兵必須戦に使用するデッキぐらいはそろそろ考えないといけないとは思っているんですけどね。それにはまず他の君主が一体どのようなデッキを考えているか、探っておく必要性もありますよね。
 一見、大将軍様が大活躍しそうな大会かとも思えるのですが、実はそうはならないのではないかと個人的には思っています。弱点が多いデッキですし、なによりもプレイしていてあれほどつまらないと思ったデッキはないですからね。となるとやはり本命は飛天デッキになりますかねえ。

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦 情報

三国志大戦 9月28日「超局地戦! 攻城兵必須戦!」開催!! 

 以下、公式サイトからコピペ。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 大金星 

 本日は21時頃から出陣。メインICで全国対戦通算400勝を達成しました。6連勝を記録し徳も7に昇格。これでカード運が良ければ最高だったのですがね…。おまけに徳7に上がった途端、連勝止まるし。徳7の壁は相変わらず厳しいなあ。
 でも、今日の好調な結果が出せたのは実は一騎打ちの結果が大きかったりします。羅憲で武神関羽を倒せた時も嬉しかったのですが、良くても引き分けだった状況から甄皇后がSR呂布を討ち取ってくれたおかげで勝利をおさめることができた対戦もありましたから。帰って携帯で確認したのですが、呂布で無弱弱無失って…。相手の方はさぞかし悔しい思いをしたことでしょう。
 さて、問題は徳7に上がったこれからですね。今まで何度もこの壁に跳ね返されてきましたから。できれば三国志大戦3サービス開始時には覇王でカードを引き継ぎたいですしねw。

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 攻めにも守りは必要だ 

 こんにちは。やっぱり9月は忙しいということで平日はプレイできない日々が続いているあっぷる男です。おまけに三連休が2週連続という年度上半期の締め月にはその反動が恐ろしい設定なので今月は平日プレイができないだろうなあと容易に想像がついたりします。
 そんな時には休憩時間にニコニコ動画をイメージトレーニングを欠かさないようにしているわけですが(ウソ)、私のイメージの世界でも到底できそうにないプレイが繰り広げられているのでご紹介。この人たちやっぱりすごいわ。



> 三国志大戦日記

三国志大戦 UCコンプリート 

 15日土曜日は仕事が休みだったので夕方頃プレイしてきました。休日なのにガラガラだったのは3が発表された影響なのでしょうか。ちょっと寂しいなあ。
 徳6でスタートし、18戦プレイして徳6で終了w。18戦10勝5敗3分でした。徳7まではすんなり上げることができたのですが、相変わらず引き分けが足を引っ張ってしまい、逆に徳6に落としてしまいました・・・。私の悲哀では徳7が限界なのでしょうかw?
 後、今日やっとUC禰衡を引きました。Cだと思っていたのですが、UCだったんですね。以前に引いた記憶があると書いたと思うのですが、それが間違いだったということがこれでわかりましたねw。残りは3枚・・・。

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦 情報

三国志大戦 三国志大戦3プロモーション動画 

 ニコニコ動画にて「三国志大戦3」のプロモーション用動画らしきものがアップされております。やっぱり本当でしたか。でも今回の動画でわかったことはキャラ絵がかなり変更されているぐらいで、それ以外は全くわかりませんけどねw。

> 三国志大戦 情報

三国志大戦 三国志大戦3? 

 今週末開催される「第45回 アミューズメントマシンショー」にて三国志大戦3の情報が公開されるとの噂がネットにて広がっていますね。上級戦器の実装も終え、とうとう現在のシステムではやることは全てやり終えた感じなので、この情報が出てもおかしくない気はしますが。
 さてさて、どうなることやら週末が楽しみですね。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 続・引き分けの重み 

 こんにちは。今日は私用で仕事を休んだのですが、その私用が思ったよりも全然時間を要さずに終わったので三国志大戦をちょこっとプレイして帰ってきました。昨日の帰宅途中でのプレイを含めて結果は9勝4敗4分。もうね。引き分け多すぎ。
 使用デッキは、SR甄皇后、R成公英、R涼張遼、C呉景、UC姜維、C羅憲、UC韓当の7枚多色デッキ。R楽進の武力の底上げとC魏続の瀬戸際の踏ん張りよりも、人馬の使い勝手の良さに頼ることに決めたわけですが、悲哀効果と人馬を合わさった時の爆発力のおかげで爆発力のあるデッキに対抗する術を得た反面、8枚の攻め方(使い捨て戦法)に慣れてしまった私にはイマイチ攻めきることができなかった対戦も増えてしまったのが引き分け増加の一番の要因じゃないかと思っています。
 あと、人馬の使い勝手の良さは最高ですが、これに慣れてしまうと折角練習した騎馬スキルが落ちそうな予感もしてたり。次期バージョンアップでは下方修正対象ですよね。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 LE姜維カッケ~! 

 仕事の都合で思ったようにプレイできない日々が続いております。おそらくは当分の間この状態が続くので更新が途切れ途切れになるかと思います。申し訳ありませんがご了承ください。
 さて、本日ネットでのトレードにてついにLE姜維をゲットすることができました。今バージョンでの新カードの中で一番欲しかったカードなので素直に嬉しいです。
 ところで、カードをまじまじとみていて気が付いたのですが、姜維は62歳で亡くなったんですね。なぜか好青年風の印象が強いため、そこまで長生きしたようには思えないんですよ。まあ、「はい、そこまで」の凶悪さを御存知の方は到底青年とは思ってないでしょうけどねw。

LEkyoui.jpg


 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 人馬強いっすね 

 最近は仕事が忙しくて全くプレイできていませんでしたが、今日はなんとか9時過ぎに仕事を終らせることができたのでプレイしてきました。ただメインICを忘れてきたので久々にサブIC(13州)でのプレイ。6勝1敗1分でした。
 いつもの多色悲哀から、R楽進とC魏続を抜き、R涼張遼を入れてのプレイ。武力20前後の人馬騎馬が縦横無尽に駆け回っている姿は圧巻でした。いつものデッキよりこっちの方が強いんじゃないだろうか。次回プレイでぜひ試したいと思います。
 最後に面白い対戦の動画をご紹介。レベル高すぎです。

> 三国志大戦 情報

三国志大戦 祝徳40到達 

 ついに仁義なき青井君主が徳40に到達したようですね。現在徳7の壁がどうのこうのいっている私には雲の上のような存在とはいえますが、彼のプレイはうますぎてあまり参考にならなかったりするんですよね。使用しているデッキも明らかに一般向けではありませんし。そんな青井君主が先週末の大会では大暴れしたようで頂上対決に登場しております。っていうか、65連勝とかありえないんですが…。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 三国志大戦『妙技』 ~ 八月期・頂上対決より 

 後、1勝で徳8へいける状態までこぎ着けながら、まさかの3戦連続引き分けにより逆に徳6へ落ちたあっぷる男です。こんばんは。さらにカードの排出にも恵まれなかったため、良いカードが出るまでと普段ならとっととやめているところをプレイを続行したら徳5もみえてきちゃいました。やっぱり(カードと戦績両方の)調子が悪いときはさっさと帰った方が無難ですね。
 さて、今回はまたニコニコ動画にUPされている動画のご紹介。ひとつの判断で状況を一変できるんですよね、このゲームは。そんな当たり前のことを再認識させてくれる名場面集となっています。UP主に感謝。



 以下、コメントへのレスを(遅れてすいません)。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 大会の存在を忘れてた… 

 こんばんは。大会の存在をすっかり忘れていてしまい、8月31日は今使っているデッキしか持っていかなかったあっぷる男です。この週末にプレイできるかどうかわからないので、いつもの多色悲哀でとりあえず参戦しておきました。結果は1勝1敗で、敗北により軍門に降ってしまったのでやる気がなくなりそこで私の今大会は終了。参加賞いただきです。
 私が敗北を喫した相手のデッキは、魏蜀連合のよくある構成でしたし、ついでに私がみた限りでも特に面白いデッキも見あたらず、みなさん今大会向けのデッキを作り上げるのに苦戦しているのがうかがいしれました。そんなことをいっている私も多勢力の大号令でお茶を濁すことしか思い浮かびませんでしたがw。
 さて、その後は全国対戦をプレイし、7勝3敗、徳はいつもの指定席7で終了。いつもここから苦戦するんだよなあ。苦手のデッキ対策に魏続を陳グンに変更しようかと考え中。単体超絶強化メインの相手にはいやらしい選択肢になることは間違えないのだが、ただでさえ素の火力が低めなのにさらに下げていいものか悩んでます。

 以下、コメントへのレスを(する予定)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。