> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> 三国志大戦日記

三国志大戦 狙え!バカ完殺の計! 

 先日のプレイでC胡車児が手に入ったので、本日はその嫌らしさをみてみようと完殺デッキで遊んでみました。とはいっても目的は胡車児よりも、群雄R賈クだったんですけどね。Wikiによると完殺の計は相手の知力にそれなりに依存した計略とのことだったので、軍師禰衡の指鹿為馬と組み合わせての実戦です。ちなみにデッキの構成は、R高順、R賈ク(旧)、UC陳宮、C張繍、C胡車児でした。
 で、最初はプレイ間隔がいまいち掴めずに、せっかくバカ完殺を仕掛けても撤退まで結びつけることができないことが多く、せっかくの兵法を無駄遣いにしていたため、C張繍をUC董白にチェンジして再チャレンジ。それなりに勝ち越すことができました。UC陳宮がただの柵要因にしかなってなかったのが次回への課題になりそうですが(次回このデッキでプレイするかは気分次第)。
 プレイした感覚で話をさせてもらうと、完殺は3の情報が出てきた際に危惧されていた程の強計略ではないかなと思いました。範囲も狭いですし、普通に打ち合っただけでは他の号令相手に普通に打ち負けますからね。そこを補うだけのテクニックがあるなら別の話でしょうが。
 私がいうまでもないですが、R高順の方がよっぽど壊れですよw。

今日の収穫
・SR呂布
・R軍師張角

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 早くも4枚目… 

 SR王異をトレードの弾に考えてはいるものの、欲しいカードがさほどなかったりするあっぷるです。こんばんは。軍師周瑜ぐらいしか使ってみたいカードがないんですよね。
 今日の仕事帰りのプレイでは4枚目のR軍師呂蒙を引きました。ICカードをまだ1枚も消化してない状況でこれって…。蜀使いへの嫌がらせ以外のなにものでもないですねw。

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 必殺コンボ?完殺車輪の伝授 

 こんにちは。英傑伝、超武錬の章「撤退したらダメ」で瞬殺されたあっぷる男です。恐れをしらない軍団が大挙突っ込んできて低武力関銀屏があっという間に溶けてしまいましたw。
 そういえば昨日仕様かバグかなかなか判断しづらいコンボ計略をニコニコ動画にてみました。それは完殺戦法と車輪の伝授を組み合わせた状態で相手を撤退させることで、復活カウントがプラス40になるというコンボ計略です。どうやら完殺戦法は武将本体だけでなく、車輪にもカウントプラス効果が付与させる仕組みのようで、胡車児と車輪の両方に接触した状態で撤退してしまうと復活カウントがプラス40になります。完殺戦法の効果時間が約5Cなのでなかなかこれを狙うことは難しいですが、状況によってはキーカード潰しに使えるとは思います。ただし、これだけで勝っていくほど三国志大戦は甘くはないと思いますがねw。
 
最近の収穫
・R軍師呂蒙(3枚目)
・Rホウ統(2枚目)
・R大喬

ダブリ以上でよければ誰かトレードお願いします。。

以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 天才軍師登場! 

 頑張って書いた長文があっけなく消えてしまい、再度同じことを書く気力はないあっぷるです。こんにちは。ちなみに書いてたことを箇条書きにすると以下の通りです。

・三国志大戦3に客が付いていない
・今の現状だと次のバージョンアップは早そう
・22日はいろいろなデッキで遊んだ
・結果はふるわず2勝4敗2分
・でも最後の排出カードでSR軍師諸葛亮を引き、満足して帰宅
・しばらくは軍師諸葛亮育成に勤しむことになりそう

 今回は明らかにSEGAの調整不足が露骨に出てしまったバージョンといってしまってもいいと思います。それでもお客さんが喜びそうな新カードが増加しての結果ならそれも許せたのでしょうが、真新しいものはごく僅かですしね。プレイするのに長時間待たされるのは嫌ですが、今私がホームにしている店みたいに客がいない状況もさすがにどうかと思うんですよね。
 どうしてもかき入れ時の年末に稼働させたかった事情なんてユーザーにとっては関係ないんですよ。

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 大徳の使いやすさ 

 このブログにてお世話になっている客人さんに昨日C張松を頂いて喜んでいたら、今日の初プレイで引き当てたあっぷるです。こんにちは。いい加減トレードした直後とかに引き当てる法則はなんとかしてもらいたいところです(笑)。
 さて、19日と21日のプレイでは調子にのって回復の舞デッキで引き続き遊んでみたわけですが、全国対戦にて4連敗を喫しさっさと諦めることとしました。舞うタイミングを間違えて全て号令に押し潰されての結果です。そんなわけで今度は19日に引いたSR劉備を使って大徳デッキにてプレイ。デッキ編成は、SR劉備、R黄忠、Rホウ統、UC張飛、C張松。いつのバージョンのデッキだよ(笑)。
 結果はなんとか三連勝で終了。久しぶりに大徳を使用してみて、計略範囲の広さに仰天しました。今バージョンにて計略範囲が拡大したとは聞いていましたが、これはプレイングスキルのない私にも優しい仕様だ(笑)。
 後、このデッキでのキーカードは明らかにC張松ですね。相手を引っかけ回すことこの上ない状態で、SR甘寧に続く、修正対象カード候補にリストアップされること間違い無しですね。もちろん使用者にある程度のスキルを要求するカードではありますが。とりあえず弓全盛の時代でもないですし、大徳デッキでしばらく頑張ってみようかと思います。

19日と21日の収穫
・SR劉備
・Rホウ統
・R郭嘉
・R陸ソン(トレード)
 
 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 初SRは… 

 いろいろなデッキを試したくて、昨日は大徳デッキと回復の舞デッキでプレイしてきました。結果は、両方とも1勝1敗。回復の舞デッキでのプレイ時に神速デッキとマッチングしたので、ここは法正の陣略の出番だろうと長槍閃陣を選択したのですが、いざ肝心のカード配置時にカードを認識させることができず、デフォルトの位置(最左下)で戦わざるを得なくなった内緒の話ですが。ええ、もちろん対戦は負けましたけどねw。
 ちなみに回復の舞デッキでの構成は以下の通り。R黄忠、Rホウ統(旧)、R関銀ペイ(旧)、UC甘皇后(旧)、UC張飛、C張松。若き血が仕様変更により武力14でも回らないことを知らなかったためこのような編成になりましたが、回らせることを除外するのであれば、孟達や周倉に変えた方が良いのかもしれませんね。UC張飛もR魏延とチェンジさせた方が良さそうですし。
 回復の舞の効果がアップされ、連環も今まで通り強力な計略となっているため、今バージョンでの回復の舞デッキは注目デッキのひとつだといえるかと思います。
 あ、そうそう、すっかり忘れておりましたが、昨日のプレイにてやっとSRカードを引き当てることが出来ました。そのカードは…。


















oui.jpg


 相変わらずの人気カードであるSR『王異』。使用することはまずないと思うので、なにか実用的なカードと交換しようと考え中です。

今日の収穫
・SR王異
・R趙雲(ダブリ)

> 三国志大戦日記

三国志大戦 河賊増殖中? 

 今日の全国対戦5戦中3戦が河賊入りデッキ(全て別の人)だったあっぷるです。こんにちは。壊れかどうかはまだわかりませんが(強カードであることは間違いないと思いますが)、新バージョンになって早々このような状況だとちょっとやる気が削がれますよね。
本日の全国対戦での使用デッキは、SR司馬懿(旧)、SR龐徳(旧)、R張郃(旧)、C曹昂(旧)、C李典。苦手な計略範囲横長の求心から計略範囲円形の機略へチェンジしてみました。結果は2勝2敗1分。やっぱり円形になれているせいか、こちらの方が私はスムーズに扱えている感じが強いです。ただ、機略は相手掛けだと雲散の効果もあるため、かなり計略範囲が狭く設定されていますね。八卦奥義よりも一回り小さいと思ってくだされば結構です。
ちなみに本日の獲得R以上カードはR郭嘉(軍師じゃない方)でした。軍師カードとの併用が出来ないのが悔やまれるカードですよね。今バージョンでは魏1.5コスト枠は前バージョンと比べて充実度が落ちているため、このような条件でカードの選択肢が狭まるのはちょっと勿体ない気がするのですが。

以下、コメントへのレスを。

> カード資産

三国志大戦3カード資産整理071217 

 そういや、今までの取得カードを書くのを忘れておりました。30戦でR以上のカードはこんな感じ。稼働初期時に噂されているサービスパック(都市伝説?) の恩恵は受けてないと思いますw。

・LE
なし

・SR
なし

・R

なし


孫権


黄忠
趙雲


高順

軍師カード
呂蒙×2

 最後に面白い動画を紹介。卞皇后(落日の舞)の効果を検証してくれたものになります。舞効果の力に仰天せよっ!


> 三国志大戦日記

三国志大戦 河賊の粘りは壊れ? 

 こんにちは。みなさん、カード掘りに勤しんでいると思いますが、都合良く欲しいカードをゲットできているでしょうか?私は30戦程プレイしてSR0枚とあまり良いスタートとはいえない状態です。さらに蜀軍師カードがなかなかゲットできず、初の全国対戦は求心デッキでのチャレンジでした。
 ちなみにその時の使用したデッキは、SR曹操(旧)、SR艾(旧)、SR羊コ(旧)、UC程、R楽進(旧)で、結果は5勝2敗。数字的にはまあまあな感じかと思いますが、対戦相手の実力は…とサービス開始時にはありがちな状態だったので、カードを安く掘れただけでも良かったかなと思っています。
覇者の求心の計略範囲が狭いのもあるかと思いますが、とりあえず横長の計略範囲に全部隊を入れることが相変わらず下手だということはわかりました。今回の編成からさらに弓兵が入り、3兵種混合デッキだと全部隊を計略範囲に合わせる自信は全くありませんw。
 あと気になったのは、前回のエントリーでも書きましたが、SR甘寧の計略「河賊の粘り」は強すぎじゃないですか?こちらは求心を使い全力でぶつかったのですが、簡単にはね返されましたから。あれで士気4はちょっとヒドイ。相変わらず新計略のバランス調整は下手ですね、SEGAさんは。

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 三国志大戦3初プレイ 

 昨日(13日)サービス開始となった三国志大戦ですが、早速プレイしてきたので簡単に感想でも書こうかなと。
 まず、サービス開始当日にちょっと穴場的なゲーセンに開店少し前ぐらいに向かったところ、ひとり並んでおられたので、その方と雑談をしながら開店時間を待っていました。そしていざ開店となったので筐体に向かったところ、バージョンアップされた三国志大戦が。早速カードを掘りまくろうと意気込んだわけですが、店員さんからICカードや武将カードがまだ届いていないとの話を受けてしょんぼり。いつそれらが到着するかわからないというので別のゲーセンにも向かいましたがどこも同じ状況。結局11時半ぐらいに最初のゲーセンに戻ってカードの到着を待っていました。その間最初の店舗で開店前に雑談をしていた君主さんといっしょに行動をしていたのですが、正直彼がいなかったら時間を持て余し、さっさと諦めて帰っていたと思います。
 そして念願のカードが到着したのは12時半ぐらい。早速店員さんがカードを補充してくれていざプレイ。「さーて、カードを掘りまくるぞー」と思っていたのですが、そこで予想外のアクシデント。そのゲーセンは今まで無制限プレイ可能のルールだったのが、プレイ中に店員さんから「交代制でお願いします。」といわれちゃいました。そんな告知なんて全くなかったわけですが、プレイしたいのはどの君主も同じ。致し方ないと交代制でのプレイを続けていたのですが、それぐらいから待ちプレイヤーが極端に増えてきたのでそこでその日のプレイは終了としました。
 というわけで感想を箇条書きで。今回の感想は、その英傑伝(旧群雄伝)を3セットの計6戦+数戦の観戦での話ですので、かなり内容に怪しいものがあるかとは思いますが、戯れ言程度でお付き合いしてくれればと思います。

・使用感はこれまでの2とほとんど同じ(あまり新鮮味がない)
・登録軍師により戦略性の幅が拡がった(相手の登録軍師は使用されるまでわからない)
 →群雄軍師禰衡とRホウ統による馬鹿連環(ただし2色になる)等
・軍師育成のミニゲームは後々絶対うざくなる
・みなさん隠密神速はお気に入り
・スペック等が変わってなくとも新カードはやっぱり嬉しい
・今度は蜀が日陰者?(呉と魏の天下争いか?)
・SR 甘寧強くない?
・R張飛の挑発の短さに涙(オーラ中のSR艾が刺さらなかった)
・英傑伝をプレイする際はカードを多めに持って行くこと
 →勢力や兵種等の条件がある章が存在するため

 特に最後の英傑伝については注意をしてください。呉カード限定という条件を知らずに使用コスト2でチャレンジしたバカ(=私のこと)がいましたからw。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 称号「史家」ゲット(の予定)! 

 SR小虎を結局ゲットすることができず、さらに客人さんから小虎を借りられる約束を取り付けながらも仕事の都合でドタキャンしたため、小虎が絡んでいるイベントを消化できずに称号「史家」をゲットするのを諦めていたのですが、昨日ダメもとで再度客人さんにメールを送ってみたところ、当日であるにも関わらず、カードを貸す為だけにわざわざ秋葉原にお越しいただけました(客人さん、いつもありがとうございます)。
 該当イベントの発生条件は勝利するだけでよく、CPUは全く攻めてこないので大流星を落として勝利。全てのイベントをコンプ…と思いきや、陸抗と留賛のイベントを未消化が判明。慌てて本日の朝出社前に消化してきました(フレックスタイム勤務なのでこんなことをしてもOK)w。
 さて、そういうわけでもう思い残すことなく三国志大戦3へ旅立っていくことができそうです。当分は一人用モードで遊ぶことになるとは思いますが、そろそろどんなデッキを使用するか考えないといけませんね。最初はやっぱり蜀デッキになるかと思いますが。まだ最後の一仕事が残っている方は悔いの残らないように頑張ってください。
 それでは次回は三国志大戦3サービス開始後の更新になると思います。みなさん、お世話になりました。そしてありがとう、三国志大戦2。


> 三国志大戦 情報

三国志大戦 祝!徳50到達! 

 こんにちは。先日お話しした仁義なき青井君主が、ついに徳50に昇格したそうです。今回の徳50以上の称号につきましては賛否両論があったみたいですが、ここは素直に青井君主の奮闘に敬意を称したいと思います。ご苦労様でした。
 頂上決戦も完全に仕込んであるかのように徳50への昇格戦となっています。40連勝というのもすごいですが、一回の敗北で降格をしてしまう条件って常人には考えられない領域ですよね。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 使用カード情報 

 先日書いたとおり、三国志大戦2における全国対戦での使用カード情報を載せておきます。ざっとみるだけでもいろいろわかることがありますね。例えば、使用回数が多い割に迎撃数が少ないR姜維やUC張飛。ほとんど使用した記憶にない呉国太よりも少ないってどういうこったい。同じく突撃数が少ないLE横山趙雲。州時代には如何にカードスペックに頼った戦い方をしていたかわかります。

■使用回数TOP10
第1位 R姜維
第2位 UC張飛
第3位 UC韓当
第4位 SR甄皇后
第5位 LE横山諸葛亮
第6位 LE横山趙雲
第7位 R関銀屏
第8位 UC姜維
第9位 C羅憲
第10位 R楽進

■勝利回数TOP10
第1位 R姜維
第2位 UC張飛
第3位 LE横山趙雲
第4位 UC韓当
第5位 SR甄皇后
第6位 LE横山諸葛亮
第7位 R関銀屏
第8位 UC姜維
第9位 C羅憲
第10位 R楽進

■計略回数TOP10
第1位 LE横山諸葛亮
第2位 SR甄皇后
第3位 R張遼
第4位 UC張飛 
第5位 R奥義諸葛亮
第6位 R姜維
第7位 LE本宮劉備
第8位 C呉景
第9位 R関銀屏
第10位 R鮑三娘

■攻城回数TOP10
第1位 UC張飛
第2位 R姜維
第3位 R関銀屏
第4位 LE横山趙雲
第5位 C曹昂
第6位 R剛槍馬超
第7位 UC韓当
第8位 R楽進
第9位 R成公英
第10位 LE横山諸葛亮

■城門攻撃回数TOP10
第1位 UC張飛
第2位 R姜維
第3位 LE横山趙雲
第4位 R関銀屏
第5位 R剛槍馬超
第6位 LE本宮劉備
第7位 UC姜維
第8位 C羅憲
第9位 LE呂布
第10位 UC韓当

■撃破数TOP10
第1位 UC張飛
第2位 LE横山趙雲
第3位 R姜維
第4位 R張遼
第5位 UC韓当
第6位 LE横山諸葛亮
第7位 R楽進
第8位 R関銀屏
第9位 C呉景
第10位 UC姜維

■撤退数TOP10
第1位 UC姜維
第2位 R姜維
第3位 C羅憲
第4位 UC韓当
第5位 R関銀屏
第6位 UC張飛
第7位 LE横山諸葛亮
第8位 R楽進
第9位 R成公英
第10位 LE横山趙雲

■突撃TOP10
第1位 R張遼
第2位 R楽進
第3位 C曹昂
第4位 C廖化
第5位 R鮑三娘
第6位 SR魏延
第7位 C諸葛瞻
第8位 LE呂布
第9位 SR甄皇后
第10位 SR羊コ

■迎撃数TOP10
第1位 UC姜維
第2位 R関銀屏
第3位 C羅憲
第4位 R質実趙雲
第5位 LE本宮劉備
第6位 Rホウ統
第7位 C周倉
第8位 R呉国太
第9位 R奥義諸葛亮
第10位 LE本宮張飛

■被迎撃数TOP10
第1位 R楽進
第2位 C曹昂
第3位 R張遼
第4位 C廖化
第5位 R鮑三娘
第6位 SR魏延
第7位 C諸葛瞻
第8位 SR甄皇后
第9位 LE呂布
第10位 SR羊コ

> 三国志大戦 情報

三国志大戦 目指せ!徳50!!! 

 こんにちは。三国志大戦2のラストプレイは壮絶な空打ちをくらい終了したあっぷる(HNを変更しました)です。確かにこちらが勝負を諦めたのが早かった気もしますが、あそこまでやらなくても…。逆にこちらがなにか不快にさせたことでもやったのかと不安になるぐらいの過剰さでしたw。
 さて、タイトルについてですが、もちろんこれは私のことではありませんw。三国志大戦3の引き継ぎ情報をみた人なら気づいた方もいらっしゃるかと思いますが、引き継ぎ称号の中に徳50以上というのがあるんですよね。私のようなへっぽこ君主にしてみればセガのネタに鼻で笑う程度なのですが、それがネタで終らない君主が一人存在するんですよね。まさにその人のためだけに用意された称号であるといっても過言ではありません。
 12月8日の頂上対決では徳44まで落ちていましたが、残り数日でなんとか徳50まで登り詰めてもらいたいと思うのは私だけでしょうか?

> 三国志大戦日記

三国志大戦 3サービス開始まで 

 こんばんは。仕事にてちょっと落ち着いたので余裕をかましていたら、不意打ちに遭い、結局忙しい日々を送っているあっぷる男です。それでも隙をみつけてはちょこっとだけ三国志大戦をプレイしていたんですけどね(笑)。
 でも先週のある出来事でそれも厳しい状況になってしまいました。それならもう三国志大戦3まで仕事に集中した方が良いだろうと思い、バージョン2でのプレイは終了することにしました。
 以下が私の三国志大戦2での全国対戦戦績になります。初戦の横山4枚デッキにボコボコにされてから(その時のデッキはST曹操+大水計デッキ)、桃園→大徳→八卦→迷走→悲哀→八卦奥義というデッキ遍歴を経てのプレイ終了となりました。
 桃園デッキではただ計略を使って突っ込むだけ、大徳デッキでやっと槍兵の使い方を知り、三国志大戦の面白さを知ったのは八卦デッキだったと思います。そして一応目標の覇者になってからはいろいろなデッキを使ってみたくなり迷走し、予想外にも覇王に昇格したのは大流星デッキでのプレイでした(すぐに陥落しましたが)。その後は自分に合った悲哀デッキ作りに走り、八卦奥義にて終了です。個人的な印象としては諸葛亮に始まり、諸葛亮に終った感が強いですが(笑)。

全国対人戦績
全1018戦
511勝472敗35分
勝率52.0%
最大連勝数14連勝

全国最新対人百戦
全100戦
56勝40敗4分

未所持カード
LEランペイジ劉備、LEお魚魯粛、SR小虎

 八卦デッキ使用までは勝率45%をいったりきたりしていましたが、八卦にて50%を突破。55%付近まで上げることができましたが、八卦をやめた途端に降下。一時期は50%を切ってしまいましたが、悲哀と八卦奥義にてなんとか52%まで上げることができました。最初に勝率50%を越えた時は覇者になれた時よりも嬉しかったのを覚えています。
 さて、とりあえずこのブログも3のサービス開始までは日記を書くことはないと思います。戦績以外のカード情報も暇があれば書いておこうかとも思っていますが。
 それではみなさん、これまでお世話になりました。また、これからもよろしくお願いします(笑)。そして最後に三国志大戦2に感謝。



















 あ、書き忘れていました。なんとか八卦奥義で覇王に昇格しました。

 以下、コメントへのレスを。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。