> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> 三国志大戦日記

三国志大戦 そうだ!苦楽でいこう! 

 軍師カードの登録をミスして、デフォルト軍師田中君で出陣したら三連勝。で、今度はちゃんと軍師登録を行って出陣したら2連敗したあっぷるです。こんばんは。使用していたデッキが苦楽デッキだったので、レベルが低いのは置いといて、田中君の再起興軍でもなんとかなるっちゃなるわけですが、なんか納得できなかった自分がいました…。
 そんなわけ(?)で前回のエントリーで書いたとおり、SR左慈を手に入れたので苦楽デッキで遊んできました。いろいろな構成で試してみて、なんとか落ち着いたのが↓のデッキ構成。

 SR左慈、R鄒、UC魯粛、UC張紘、C程遠志、C裴元紹、C潘璋 軍師:張角

 槍3、馬2、弓1、歩1というあまり機動力のない構成ですが、天敵である弓中心のデッキをほとんどみる機会がないので割り切ってこんなかたちにしました。弱点はやっぱり総武力が低いことだと思います。伏兵が多いので序盤はなんとかなりますが、中盤以降に押し込まれる状況が発生するとかなり脆い感じがしました。忠義デッキ相手に例のパターンに持ち込まれると目も当てられない状況が多々発生しました。そう考えると、まだまだデッキ構成をいじる必要性がありそうです。
 あ、後、私がいうまでもないのですがSR左慈はパターンにうまくあてはまると恐ろしく強いですね。天下無双呂布をコピって武力28となった左慈が城門に突っ込み、防衛に出てきた敵武将を溶かしていく様は圧巻でした。おまけに舞っていたので武力は30を越えていたしw。そんなのが城門前で10カウント以上も居座られるとうざいことこの上ないですよね。SR左慈ではまだまだ遊ぶことになりそうです。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 孔明引いたから八卦デッキをプレイしてみた 

 で、あまりの下手さに泣いたつД`)。計略の仕様が変ったとはいえ、バージョン2で八卦デッキを使用したとは到底思えない下手ぷりでした。今日のプレイは本当なかったことにしたい…。
 そんなわけでプレイ内容は散々だったのですが、やっとSR左慈を引くことができたので次回は左慈入り苦楽デッキでプレイしたいと思います。SR関羽やSR呂布が流行っている現環境ではかなり使える苦楽の駒ではないでしょうか?

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 群雄大会に参加してみた 

 水曜日は大会でもないのに群雄大会デッキを所持していたにもかかわらず、本日は用意していたデッキを所持せずに出陣してきたあっぷるです。こんばんは。そんな私が即興で作ったデッキが↓。伏兵がいたらどうすればいいのか、全く考えていませんw。

 SR呂布、R高順、R華雄 軍師陳宮

 初戦はUC陳宮とR高順を組み合わせたデッキの方と。いくら攻城ゲージが少ない状態での高順が強いといっても自城付近で焔陣営を連発しているようでは勝てるわけありませんね。落城勝ち。さて次の第2戦目はというと…。

 SR左慈、R賈ク、UC于吉、C張繍、R呂姫、R胡車児

 伏兵4枚…。

 オワタ\(^o^)/


 また、昨日の頂上対決もかなり面白いものとなっています。まさかあの計略の撃ち合いになるとは。

> カード資産

三国志大戦 Rカードコンプリート 

 そういえばすっかり書くのを忘れていましたが、先日いつもお世話になっている客人さんからR荀をいただき、バージョン3レアカードをコンプリートすることができました。これまで一番引いたレアカードは、武将カードは5枚の孫権、軍師カードも呉で5枚の呂蒙でした。まさに呉を使用しろという天啓だったのかもしれませんね。
 そんなわけで現在の資産をまとめてみました。未所持カードは以下の通り。私の中ではLEカードは相変わらず都市伝説な存在ですw。

LE
曹操
張遼
郭嘉
賈ク
荀
荀攸
曹仁
夏侯惇
夏侯淵
徐晃
許チョ


SR
諸葛亮
甄皇后
貂蝉
孫堅
張遼
左慈
董卓


軍師
司馬懿

> 三国志大戦日記

三国志大戦 UC、Cカードコンプ 

 本日を金曜日だと勘違いして、群雄大会用デッキを持って出陣してきたあっぷるです。こんばんは。もう週末気分ってどんだけ駄目社会人なんだかw。
 本日は客人さんに誘われたので、動画撮影サービスを行っている例のお店に行ってきました。でも私はお店に着いたのは21時ぐらいだったので撮影サービスは利用できなかったんですけどね。既にプレイ中だった客人さんから台を奪い取ってプレイし続けた結果、本日の対人戦は6勝6敗2分けでした。完全に伸び悩んでいるなあ。業炎に相手がはまらなかった時に負けるのは仕方ないとして、初物や変ったデッキに弱い体質はどうにかしたいところです。鉄鎖+人馬にはきれいさっぱりと殲滅させられましたw。
 さて、本日の排出カードは↓みたいな感じでした。

 UC荀攸→R姜維→C満チョウ→R軍師荀→C趙累→UC諸葛キン→C軍師陳グン→C蔡瑁→UC黄忠→C夏侯月姫→R高順→UC公孫瓚→C軍師張昭→C陳武→C劉封→SR張春華

 SR張春華を引いたので本日のプレイは終了。客人さんがプレイしていた台を引き継いだわけですが、しばらく良いカードが出てなかったようなのでとりあえずSRが出るまではと続けてみた結果です。SR張春華は嬉しいのですが、それを引くまでは長かった…。ちなみに家に帰宅してわかったことなのですが、最後から二枚目のC劉封も初ゲットでした。おそらくUCとCはこれでコンプなんじゃないかなあ。

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 R軍師カードプレゼント 

 こんばんは。カードを開封した際に一瞬みえたカード絵柄で、UC韓当をSR張遼と間違えたあっぷるです。絵師が同じなので似てるといえばそれまでなのですが、一瞬でも喜んだ私の感動を返して欲しいですw。
 さて、以前に余ったR軍師カードをここをご覧になっている方にプレゼントしたのですが、それ以降プレイを重ねるうちにまたカードがたまりましたのでプレゼントしたいと思います。まあ、もうR軍師カードを欲しがっている人なんていないかもしれませんが。
 余っているカードは以下の通りです。

R馬謖×2、R呂蒙×2、R張角×1、R禰衡×1、R郭嘉×1、R荀×1

 欲しいカードがある方は、コメントに管理者しか閲覧できないように設定したうえで、希望カードとメールアドレスを記載して下さい。今回も枚数の制限はありません。もう出し惜しみするカードではないと思いますので。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 そして振り出しに戻る… 

 メインデッキをなにに変更しようかと迷走しまくった結果、2品から4品に一気に転げ落ち、結局粘り手腕に戻して3品まで戻ってきたあっぷるです。こんばんは。
 ちなみに試したデッキは、呂布ワラ、八卦、大徳、知略蚩尤になります。その中でプレイしてみて一番やれそうだと感じたのでは呂布ワラでしたね。バージョン2の頃に呂布ワラを少しかじったことがあったのですが、計略効果変更になった3倍速天下無双は使用してみて新鮮でした。裏の選択肢として知力10の水禍の計があるのも心強いです。
 でもまあ、実際にプレイしてみて面白いと思うのは粘り手腕デッキの方だったので、元のメインに戻したわけなんですけどね。ただ、ここから武功を上げていくには業炎に頼ったプレイでは今のあたりが限界だと感じたので、極力奥義は増援を選択するように縛りを入れようかなと思っています。スキルを磨く良い機会なんじゃないかと。

> 三国志大戦 情報

三国志大戦 「最強の武人を目指せ! 群雄限定戦!」情報 

 なんてバリエーションの少ない大会なんだ…。

 以下、公式サイトからのコピペ。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 赤壁の使い方 

 ちょっと気分転換にいつもの粘り手腕ではなく、激励デッキで遊んできたあっぷるです。こんばんは。
 で、いろいろとデッキをいじり試行錯誤してみたわけですが、そんな急造デッキにて2品というステージで勝てるはずもなく、4連敗を喫して武功を3品序盤まで落とし終了w。赤壁を撃つタイミングをさっぱり掴むことができませんでした。いつもお世話になっている客人さんが「赤壁は厨」とおっしゃっていましたが、使う人間を選ぶようでは厨ではありませんよ。もちろん私が下手という意見は却下ですw。
 そんなわけで激励デッキの使用はあきらめたわけですが、メインデッキを今の粘り手腕から他デッキへ移行させるのはおそらく免れそうにありません。今の業炎に重きを置きすぎたデッキは、正直飽きてしまったので。
 そろそろ蜀に戻るかな…。

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 撮影DVD取ってきた 

 初戦で判断を誤ったせいで大逆転負けをくらい、あまりにも頭にきたので1戦のみのプレイで帰宅したあっぷるです。こんにちは。その敗戦は終盤までこちらのペースで対戦を進めることができ、それが災いして欲張りすぎた結果だったので自業自得なんですけどね。ただ、そこで諦めて帰宅することが出来たのは、若干成長した証なのでしょうか。頭にカッと血がのぼった状態でプレイして良かったことはあまりないですからね。
 そういえば先日お店のサービスで対戦動画を撮影してくれる記事を書きましたが、その動画(DVD)を受け取ってきました。結局HDDレコーダーで対戦を録画し、それをDVDに焼いてくれるサービスだったわけですが、料金はプレイ料金(9クレジットを先払い)以外一切かからず、いくら今はDVDメディアが安くなったとはいえ、大戦プレイヤーには嬉しい破格のサービスではないかと思います。
 で、帰宅してその動画を早速みてみたわけですが、もうね、内容は「ヒドイ」の一言に尽きますw。細かいミスを挙げていけばきりがないですし、4枚デッキでのプレイにもかかわらず、操作精度は明らかに低いです。そんなことはわかっていましたがねwwwww。
 まあ、これに懲りず、また機会があればこのサービスを利用したいと思っています。せっかくのサービスですし、なんといっても自分の下手さっぷりに大爆笑できましたからw。

dvd.jpg


※撮影した対戦はここにもUPする予定でしたが、PCのドライブが故障しているため、動画を取り込めない状況です。問題が解決できるまで動画のUPは少々お待ち下さい。決して逃げているわけではありませんwwwww。


 以下、コメントへのレスを(する予定)。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 くぐれ! 

 最近は頂上対決をみても「おおっ!」というような驚きがなくなってきています。登場デッキも真新しいものをみることがほとんどなくなりましたしね。自分のプレイならいざ知らず、ランカーさん達のプレイなんてうまくて当たり前ですからwwwww。
 そんな不感症になりつつある私が久々に興奮した頂上対対決ご紹介。コメントにもありますが、うますぎてほとんど参考になりませんw。最後の呂布の突撃を城内でかいくぐるところなんて脳汁ものですよ。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 撮影にチャレンジ 

 本日いつもお世話になっている客人さんに対戦動画を撮ってくれるお店に誘われたので出陣してきました。まずは腕ならしと英傑伝や客人さんとの店内対戦を行っていたのですが、撮影サービスが9時までだということに気づいて時計をみると9時15分。ダメもとで店員さんに聞いてみると快くサービスを引き受けてくれたので、遠慮なく頼んでみました。
 ここでの公開も考えているので、いろいろなデッキでプレイした方が良いのかなと、手持ちのカードから忠義、苦楽、河賊手腕デッキでのプレイに決定。そこでまず初戦はテンプレ4枚忠義でプレイしたわけですが、それが失敗。自分のミスの連続でさくっと敗れてしまい、頭に血が昇ってしまい勝つまではやめられないと忠義でプレイを続行してしまう。相手の奥義を読み切ってなんとか勝ち、冷静になったところようやく気づいたわけです。昨日のエントリーをみていただけるとわかると思いますが、撮影サービスは最大3セットまでのルール。おまけに私がその3セット全てをプレイしてしまうと、今日いっしょにきた客人さんが撮影できなくなってしまいます。
 まあ、ここは一回の敗戦ごときで熱くなってしまった私が悪いので、他の台で遊んでいた客人さんと交代し、三セット目の撮影はお譲りしました(今度いくときはさっさと撮影しないといけませんね>客人さん)。で結局2人でプレイした3セットでの対戦数はたったの4対戦・・・。プレイした動画はDVDに焼いてくれるそうですが、受け渡しは翌日以降になるとのこと。動画の加工なんてやったことない私ですが、せっかくの動画ですからここで公開しようかなと思っています。その時は鼻で笑って下さい。
 ちなみに対戦結果が全然さえなかった二人ですが、カードの引きも全くさえていませんでしたとさw。

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 撮影サービス開始 

 少し前のになりますが、私が三国志大戦で通っているとあるお店で対戦動画の撮影サービスが近々開始されそうだと書きましたが、昨日久々にそのお店に行ったところ撮影サービスが開始されていました。
 お店の掲示をみるとどうやら900円連続投入で録画サービスを行ってくれるようで、1回で録画可能な試合数はカード排出3セット(最大9試合)だとのこと。録画したデータをどのように渡してくれるのか等、わからないことはありますが、機会があれば対戦録画にチャレンジしたいと思います。

Image031.jpg









 人に見せられるような対戦であれば…。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 今日の排出カード 

 今日は仕事が早く終わったので19時半ぐらいから出陣。無制限プレイが可能なお店にいったので、SRが出るまでやめない覚悟でプレイしてきました。
 まずは排出されたカードを順に記載します。

UC程イク→C軍師張昭→C孟達→C朱治→C曹昂→C張魯→R黄忠→UC荀攸→C李典→C麋夫人→C簡雍→R張遼→UC諸葛キン→C軍師陳宮→UC黄忠→C曹昂→UC公孫サン

そして最後に
SR王異

 SR王異が出たところで本日のプレイは終了。SR王異は通算三回目の自引きだけど、トレードの弾としてこれ以上ないカードなので大歓迎。今日このブログでお世話になっている客人さんとメールで話したときに「LEが全然引けねー」と嘆いたわけですが、トレードの価値を考えると中途半端なLEよりもSR王異の方がよっぽど高かったりしますからね。
 さて、肝心の対戦結果の方は、9勝9敗のちょうど5割で終了。予想外の入れ替え戦の発生で2品に昇格できた後、本当に強いのかどうか自分で確かめたかったため、4枚テンプレ忠義でプレイして3連敗した時はこれ以上ないほど後悔したのは秘密です。足並みを乱されるとかなり脆いことだけはわかりましたw。
 なんか勝率50%台前半の勇将としかマッチングしなくなってきた気がします。全てのマッチングが全然気を抜けないや。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 多か少か 

 最近なんか刺激がなく、マンネリ感を強く感じるようになってきたので気分転換に別のデッキで遊ぼうかと考え中。使用デッキ候補としては、まず三国志大戦2にて使用していたこともある苦楽(当時は悲哀)デッキ。やるとしたら二色か多色の構成になると思うが、魅力ある低コストカードが少ないんだよなあ。
 次に遊んでみたいと思うデッキは、苦楽とは逆に武将枚数が少なくなるであろう無勢だったり。最近はあまりマッチングすることはなくなりましたが、どうもあのデッキは苦手なんですよね。でも自分が無勢デッキを組むとしたらどのような構成になるか考えてみたんだけど、普通に武神様を選びそうな予感が…。仮にそうなると他のカードは、R魏延とR趙雲ぐらいか。うわー、なんかツマンナイ構成になってきたwwwww。
 どちらを遊ぶにしてももっと検討の余地がありそうです。

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 呉始まったな。 

 先日の頂上決戦にて私と同じデッキ構成での君主がUPされていたので、興味深く見させていただきました。相手がfan114君主というだけでかなり興味深いマッチングだったのですが、内容の方もそれ以上に見応えがあるものでした。
 fan114君主が日記に書いてある通り、ぎりぎりまで業炎とみせかけての増援にて勝負は決したわけですが、そこまでの過程で呉使用者には注目しておかなければいけない部分が多々あったかと思います。
 でも単純に考えて、呉が大徳とのマッチングにおいて有利だと言い切れない今バージョンは、とてもバランスが取れたゲームであるとは言い難いものだといえるのでないでしょうか。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 嫌いなステージ 

 川ステージは大嫌いなのに、本日三戦連続川ステージだったあっぷるです。こんばんは。未だに慣れることができん。
 とはいっても私が一番嫌いな地形は、中央付近に荒れ地が配置されるステージだったりします。かつては槍中心のデッキだったのでよく相手の端攻めで痛い目にあってきたわけですが、今のデッキだと必殺の業炎の配置に悩まされるんですよね。なら増援を使えよっていわれるかもしれませんが、唯一の切り札ともいえる業炎を奪われて勝てるほど呉が置かれている状況は甘くないですw。
 でも対戦相手とすれ違って大味な対戦にもなりやすいあのステージを好きな人なんているのでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。