> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> 三国志大戦 情報

三国志大戦 面白キャンペーン紹介 

 たまに苦楽デッキで遊んでいるのですが、そのプレイに余っていたICを使っていたところ、メインで使っていたICを抜いてしまい、1品まで昇格したあっぷるです。。こんばんは。
 さて、先日プレイしたお店で面白いキャンペーンをしていたのでご紹介。以前に紹介したアドアーズ上野アメ横店にて、クレジットを0の状態から連続で7クレジットを投入するとサービスとして2クレジットをサービスしてくれるというものです。無制限プレイ可能がルールのお店ですし、どうせ7クレジットなんてすぐに投入することになるのですから、まとめて投入するぐらいほとんどの人が問題ないと思います。
 注意しなければいけないのは、必ずその連続投入を店員さんの目も前で行わなければいけないこと。店員さんがいつもそのフロアにいるわけでもないようなので、自分がクレジットを投入したいタイミングで店員さんを捕まえることができないこともしばしば。ただ、私みたいにタイミングが合った時だけそのサービスを受けるという人がほとんどのようで、そういった軽い気持ちで利用するなら丁度良いサービスなのかもしれませんね。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 再び超局地戦チャレンジ結果 

 騎馬カードが3枚以上入っているデッキは扱えないことを2コス限定超局地戦で思い知ったあっぷるです。こんばんは。
 今回の超局地戦、初日の惨敗が悔しくて、日曜日に再出陣してきました。初戦は魏単機略で臨んだわけですが、同じく魏単機略の相手にボコボコにされてしまい、機略を使うのは諦めて大徳デッキにチェンジ。デッキ構成は以下のような感じ。

 SR劉備、R魏延、UC張飛、R馬超

 難しいことを考えない、とてもわかりやすい構成かと。実際にプレイしたところ、これが結構勝てるデッキでした。ただし、R周瑜が相手のデッキにいなければの話ですが(笑)。周瑜がいるとどうしても手駒の差で負けてしまうわけです。そんなわけでデッキを以下のようにちょっといじり、再チャレンジ。

 SR劉備、R魏延、UC張飛、R趙雲

 このデッキが強いのなんの。結局一回も負けずに9連勝したところで終了となりました。R趙雲TUEEEEEEEEEEEっ!蜀には他に優秀なコスト2カードがたくさんあるせいか全く目立っていませんが、こんなに使えるカードだったんですね。知力7の神速戦法はとても使い勝手が良く、先程のデッキでは苦手だったR周瑜入りデッキに対してもこのカードだけで勝てるようになりました。このカードがもうちょっと人気あってもおかしくないよ…。
 さて、最後に今回の超局地戦で思ったことなのですが、コスト2の重みというものを改めて痛感しました。1枚でもかけてしまうと戦線があっという間に崩壊してしまうため、結構一方的な対戦が多かったように思われます。ワンミスが致命的に効いてしまう大会でしたね。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 超局地戦初日結果 

 今日はかなり眠いので結果だけご報告

 R姜維、R趙雲、R馬超、UC黄忠デッキ…1勝2敗

 敗れたのは大徳デッキと機略デッキ。両方とも司空って…。操作精度が違いすぎる…。

 SR陸遜、SR孫策、R周瑜、UC淩統…1敗1分

 敗れたのは機略デッキ。引き分けはミラー対決。ほとんどお見合いで対戦が終了しました。


 なんか久しぶりのプレイのせいか、ぐだぐだな内容でした。

 

> 三国志大戦日記

三国志大戦 超局地戦用デッキできた! 

 デッキできた!

CIMG1917.jpg


 恐ろしく山頂布陣な気がするケドナー。


 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 超局地戦デッキ考え中 

 全国大会の店舗予選がショックというわけではありませんが、週明け後は全くプレイしていないあっぷるです。こんばんは。ただ、給料日前でお金が厳しいだけなんですけどね(笑)。
 さて、私はスッカリ忘れていましたが、今週末は超局地戦ですね。私も一応参戦しようかと思っていますが、まだ参戦デッキを決めていません。とりあえず私みたいな号令野郎は、号令カードを核にしてデッキを考えるわけですが、コスト2で号令を持っているカードは本当に限られています。


SR司馬懿
R曹丕


劉備


陸遜


なし

 これだけみると使い勝手良く、他にも優秀なコスト2カードを同勢力に有するSR劉備が人気があるのかな?という印象を受けます。他のカードはどれもクセがあるものばかりですからね。私は、普段全く使わない機略なんかも使ってみようかなと思っていますが、先日効果範囲のあまりの狭さをみて、ちょっと躊躇いつつあります。計略効果の特性上しょうがないんですけどね(笑)。
 さて、どのようなデッキが流行るのか。蓋を開けたら実はワラデッキが強かったりして。

 以下、コメントへのレスを。
 

> 三国志大戦日記

三国志大戦 全国大会店舗予選結果 

 前バージョンで計略の範囲は縮小されたものの、相変わらずUC夏侯惇が大嫌いなあっぷるです。こんばんは。
 昨日(18日)、ついに全国大会の店舗予選に参加してきました。参加店舗はアドアーズ亀戸。ええ、今まで一度もプレイしたことがないゲーセンです(笑)。家から電車を一回乗り換えること30分、丁度集合時間の12時50分に現地へ到着したわけですが、いきなりのサプライズが。
 いつもお世話になっている客人さんが前触れもなく大会の見物にきてくださっていて、さらに当日参加可能だったということで急遽予選に参加するとのこと。客人さんの使う麻痺矢デッキは大嫌いなので対戦するのは勘弁願いたいのですが、対戦さえしなければ心強い味方なので歓迎しておきました(笑)。

32.jpg


 当日の申し込み者で予選参加者はなんとか定員32人に達し、厳選なる(?) トーナメント抽選の結果、私が引き当てた抽選番号は最終32番。なんとか客人さんとの初戦マッチングは避けられることが出来、ほっとしたのもつかの間、初戦の相手の方のデッキは、大苦手のUC惇入り求心デッキでした。私の使用デッキは、いつもの粘り手腕デッキ、軍師は周瑜。

sanka.jpg


 始めに結果からいうと、良い勝負が出来たのは台選択のじゃんけんまでで、肝心の対戦の方はというと、中盤のぶつかり合いで端攻城を行った淩操の一発でリードを奪ったものの、終盤に押し込まれての逆転負けでした。
 終盤に逆転されたわけですが、勝負のポイントは中盤のぶつかり合い時です。あちらが求心をうってきたのでこちらは手腕で対抗したわけですが、惇の雲散で甘寧と太史慈の計略が無効化されてしまったので甘寧の粘りでさらに対抗。そうこうしている時に淩操の端攻城がなんとか決まったわけですが、自陣近くでは相変わらず攻防が行われている最中。で、その際にSR甘寧を落とされるのを嫌った私は、つい奥義兵力増援まで使ってしまったんですよね。先程の攻防で士気差が1ついたにも関わらずさらに奥義まで使い、後半はまさにじり貧。あそこは絶対に辛抱しなければいけませんでしたね。あそこで勝負が決まったといっても過言ではありません。その他にもミスはいくつか犯しましたが、私のスキルではあんなもんだと思います(笑)。
 ちなみに私の屍を超えていった方は求心と雲散を巧みに使い、準優勝をしてました。どうせなら優勝して頂きたかったのですが、優勝した君主もかなりの筋金入りの求心デッキ使いで、逆転につぐ逆転の面白い対戦の末の敗北でした。残念。
 最後に今予選で一番驚いたことでも。なんと参加した32君主の中で、蜀と群雄単色デッキで参加した君主がひとりもいませんでした。群雄はともかく、蜀が一人もいないって(笑)。群雄や呉と組み合わせた2色デッキで蜀カードをみかけることはありましたが、いつから蜀は他勢力の傭兵になっちゃったのでしょうか(笑)。もちろん魏使用者が一番多く、呉の使用者も思ったよりは多かったのですが、トーナメント終盤には全て魏陣営に駆逐されてしまいました。他の店舗の状況ははっきりとは知らないのですが、そういった意味で異質な店舗だったのかもしれませんね。
 まだ他店舗では予選を行うところもあるようですが、私の予選への挑戦はこのチャレンジのみ終了になるかと思います。面白かったのでもう一回ぐらい出たいところですが。その点は残念です。もし大会に参加しようか迷っている方がいらっしゃるなら、私は参加することをオススメしますよ。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 「超局地戦! コスト2武将限定戦!」 

 以下、公式のコピペ

> 三国志大戦日記

三国志大戦 ちゃんと読めよ>俺 

 店舗予選のレギュレーションを間違った認識をしていたあっぷるです(笑)。こんばんは。
 該当箇所の直前の文章をちゃんと読んでいたら、あんな間違いはしなかったのですが…といっても後の祭ですね。指摘してくださったゆうさん、客人さん、ありがとうございました。今回の戒めとして私はSR甘寧を裸で使い続けますよ(笑)。
 さて、本日も店舗予選への練習のため、出陣してきました。でも、勇んで座った台があまりにも調子が悪く、お互いが計略を使うとその都度しばらくの間処理落ちをしてしまい、まともにプレイができない有様。それでもなんとか1勝1敗で乗り切ることができ、台移動をしようと思ったのですが、他の台は満席。さらに直前の対戦で排出されたカードがSR呂蒙とR関銀屏だったので完全に満足してしまい、そのまま帰宅しましたとさ。
 最近だけでSR呂蒙は3枚目。正直いらん。客人さんにでも譲っておこう。

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 店舗予選レギュレーション 

 ちょっと試しに作ってみた激励デッキがあまりに弱く、おまけに弓サーチが全く出来ていなかったので、対戦中につい苦笑いしてしまったあっぷるです。こんばんは。
 先日申し込んだ全国大会、店舗予選のレギュレーションを暇つぶしに読んでみて知ったのですが、大会ではカードスリーブやトップローダーの使用は不可能だとのこと。実はこれまで私はSR以上のカードを裸のままで使用したことがないので、このレギュレーションに若干の違和感を覚えたのですが、カードは裸のままの方が使い勝手が良いのは周知の事実。
 そういうわけなんでせっかくの機会を得たということで、今日初めてSRカードをなにも付けずにプレイしてきました。結果は3勝1敗2分とそれなりのものを残せましたし、なんといってもこっちの方が操作感は格段に良いですね。
 勝率70%超えである八卦使いの方と2回マッチングしたのですが、どちらの対戦もやっていて本当に面白かったです。ああいう熱い戦いが続くと、やっぱりこのゲームは面白いということに気づかされますね。
 この良い緊張感を店舗予選でも味わえることを期待します。

 甘寧

↑初めて裸で使用されたSRカード

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 予約完了! 

 最近思ったようにプレイできていませんが、一応参戦してきますっ!

 taikai.jpg


 昨年は急な仕事で当日キャンセルになってしまいましたが、今回はたぶん大丈夫そうです。

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 近況報告 

 先日紹介したゲーセンへ金曜日の夜に再びいってみたら今回も誰もプレイしていませんでした。本当に大丈夫なのか(笑)?こんばんは、あっぷるです。
 最近は仕事が忙しくてほとんどプレイできておらず、がっつりプレイしようと勇んで出陣したその金曜日も、1品への昇格戦を失敗したところでSR魏延を引き、4戦のみで満足して帰宅しました。まあ、遠弓撃陣デッキに2回連続あたってちょっとげんなりしたっていう方が大きかったりしますが。
 正直遠弓撃陣デッキを私は大嫌いなんですよね。序盤戦でリードを奪うことができないと、良くて引き分けどまりというパターンが私の中でできつつありますし(笑)。最近遠弓撃陣デッキが明らかに増殖しているので、なんとかしないと、という気持ちだけは募っているわけですが、対抗のために選択軍師カードを変更しようものならまたいろいろと迷走しそうな予感がします。
 私が遠弓撃陣デッキを使おうものなら、めちゃくちゃ弱くなる自信があります(笑)。

 以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦 情報

三国志大戦 三国志大戦のPC版? 

アーケード「三国志大戦」のPC版? 6月上旬より中国で「三国征戦」のCBTが開始

 ゲーセンやDSが一般的ではない中国ではPC版が良いとの判断からでしょうか、↑の情報が出てきました。PCだとやっぱりマウスでの操作になるんだろうとは思いますが、槍撃を出す時等、結構忙しいことになりそうですね。
 私はゲーセン版で十分ですが(笑)。

> 三国志大戦 情報

三国志大戦 上野はゲーセン激戦区? 

 先日上野近辺で三国志大戦を設置しているゲーセンについて書いたことがありましたが、昨日(5日)に用事があってアメ横近辺に出かけたところ、新たに一店ゲーセンがオープンしていたのでご紹介。
 その店舗は有名チェーン店アドアーズの新規店で、上野アメ横店となっています。場所はアメ横を歩いていたらまずわからないことはなく、元々パチンコ店が入っていたビルだったかと思います。肝心の三国志大戦は5Fに設置されており、私が覗いた時にはプレイしている人がひとりもいませんでした(笑)。設置台数は4台で、全台フリープレイ可能となっています。
 今はまさに穴場な店舗だと思うので、あの辺りでプレイされている方はぜひプレイしてみてはいかがでしょうか?

> 雑談

三国志大戦のネタではないですが… 

 相互リンクでお世話になっているKさんのブログをみて私も気になってたのでつい買ってしまいました(笑)。

shaker.jpg


 振る炭酸飲料ということで話題になっていますが、味の方は言わずもがな、かなり微妙な感じでした。少なくとも私は普通のファンタの方が良いです(笑)。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 UC黄忠が流行? 

 昨日(4日)出かけたついでにちょこっとプレイ。結果は2勝1分、1品への昇格戦を失敗しての撤退。初戦、2戦目は両方とも大徳相手に完封勝利し、3戦目は、デッキ構成が私とは1コスのみ違う粘り手腕と対戦で、お互い攻めきれずに引き分けでした。
 ただでさえ、呉同士の対戦だと引き分けになる可能性が高くなるのですが、3戦目はさらに悪地形だったので対戦のほとんどをお互いが牽制しあって時間を費やした感じでした。士気がMAXになると太史慈が援兵を出して…っていうあのお決まりのパターンです(笑)。やっぱり呉の敵は呉だよなあ。
 最後に昨日の頂上対決をご紹介して今回のエントリーを終了とします。現在の大戦界において、変態扱いされている君主同士の対戦となっています。お互いのデッキにUC黄忠が入っているのは、なにかしらの傾向なのでしょうかね?



以下、コメントへのレスを。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 最近の頂上対決は熱い! 

 最近仕事が忙しくて思ったようにプレイできていないものも、ニコニコ動画の頂上対決は見逃さないあっぷるです。こんばんは。
 忠義デッキの対決ばかりだった前バージョンと違って、今バージョンはいろいろなデッキの対決が繰り広げられているので、毎日仕事から帰って寂しくコンビニ弁当を食べながら鑑賞するのを楽しみにしていますつД`)。
 特に、最近よく頂上対決に登場するようになった水使い君主の対戦がお気に入りだったりします。自分は号令入りのデッキしか扱えないので、ああいうデッキを扱えることに憧れるんですよねえ。

> 三国志大戦日記

三国志大戦 軍師カードをどれにすべきか… 

 昨日(2日)は久々のプレイにて2品に落ちたあっぷるです。こんばんは。
 使用デッキはいつもの粘り手腕デッキ。まず最初の5戦は軍師陸遜をプレイし、1勝1負3分(兵法は主に連環を選択)。あまりに引き分けが多いので、ちょっと軍師を変えてみようかと今度は軍師魯粛を選択してプレイ(兵法は主に知勇兼陣を選択)。その結果は2勝4敗3分でした。
 最後に引いたせっかくのSRも呂蒙ですし、今日私のテンションが上がることは一度もありませんでしたとさ(笑)。

 軍師カードを軍師SR周瑜に戻そっかな…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。