> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> 三国志大戦 情報

三国志大戦 魏勢力コスト1.5カード紹介 

もうみなさんは御存知だと思いますが、
今バージョンでは魏勢力コスト1.5カードが猛威をふるっています。
蜀単デッキには天敵ともいえる司馬兄弟や、
終盤には武力7知力7と破格のスペックを擁する杜預など。
ここではそんな魅力溢れるカード群をおさらいしておこうかと思います。

UC王濬
武力5知力2と若干基本スペックは心もとなく感じるが、
計略「魏武の大強」が強力。
なにげに勇猛付なのも高ポイント。

R賈ク
こちらもスペック的には不満を感じるものの、
使いようによっては凶悪になる計略を所持。
使う人の腕によってその存在価値が大きく変化するカード。

UC郭淮
能力面では微妙。計略面でも必要士気が重さによりかなり微妙な存在。
他の優秀なカードを差し置いてわざわざこのカードをデッキに入れる必要性は・・・。

UC司馬炎
スペック面では妥当。弓兵で募兵持ちということでむしろ高評価か。
ただし計略が魏の武将ならほぼ同効果の計略を持っていることが多いため、
わざわざこのカードをデッキに入れる必要性は・・・。
それと皇帝なのに魅力ないんすね・・・。

R司馬師
計略が凶悪の部類に入っているといっても過言ではない。
特にまとまって行動することが多い蜀単デッキには脅威以外のなにものでもない。
序盤に弱いというスペックも伏兵でフォローできるのがさらに高ポイント。
はっきりいって弱点ないっすよね。

R司馬昭
お兄さんの計略のように効果に即効性がないものの、
使いようによってはこちらの方が効果的な場合も多い。
効果範囲も若干広いですしね。

C周旨
1.5コストで勇猛付の武力6というだけでも評価できるカードだが、
さらに計略「防護戦法」の硬さにより肉壁として最適な存在に。
刹那の粘りとの選択に悩んでいる人が多いはず。

R鍾会
蜀と魏の武将の良いとこ取りをしたい人には適したカードか。
ただこのカードを使う理由が現在それぐらいしかないため、
それ以外の積極的な理由が欲しいところ。
特技連計をいかにいかすかが鍵となるか。

R曹洪
特にコメントすべきことは・・・w

SR曹丕
他の優秀なカードの陰に隠れてそれほど目立ってないが、
スペック面、計略面ともに良好なカード。
計略の効果範囲の広さもあいまって使い勝手の良さなら一級品。

R張春華
現在調査中・・・

R杜預
覚醒持ちということで終盤武力7知力7まで上昇する脅威のスペック。
計略に物足りなさを感じるかもしれないが、
これで計略まで使い勝手がよかったら壊れカード認定確定・・・。
十分強いっす。

SR羊コ
騎兵中心デッキ場合の対槍対策として俄然注目されているカード。
特に終盤覚醒により知力9となった際の粘りの効果時間は強力。
覚醒カード入りデッキの場合はどれもいえることだが序盤をどう凌ぐかが鍵。
1.5コスト騎兵の中で唯一の魅力持ち。


以上が今回のバージョンで登場したものになります。
どうですか?この充実ぶり。
他勢力からみると本当羨ましいかぎりですよね。

当ブログ「三国志大戦 ~最初は誰も初心者~」は「ブログランキング」に登録しました。差し支えないようであれば下記アドレスをクリックしていただけると管理人のモチベーション向上に繋がりますw。よろしくお願いします。

FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

comment

trackback

この記事のトラックバックURL

http://appleatoko.blog60.fc2.com/tb.php/155-83c11d27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。