> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> 三国志大戦日記

三国志大戦 コスト2.5カードの重要性 

 昨日(10日)と本日(11日)はいろいろありプレイせず。最近は群雄伝しかプレイしてなかったりするのでそろそろ全国対戦の世界へ戻りたいんですけどね。
 というわけなのでネットでみた限りの話ですが、今バージョンで思ったことについて思ったことでも。ま、改めていうほどのことではないのですが、今バージョンでは素の武力差が露骨に結果となって現れているバージョンであることは皆さんも御存知かと思います。バージョンアップ直後のプレイで高武力の武将に城壁に張り付かれた際、1コスト武力3の韓当の横弓程度でなかなか墜ちず、目論見がはずれて攻城を許してしまい驚いたのをよく覚えています。
 特に武力9以上のカードの強さは別格に感じます。群雄伝で文鴦の強さには、特に槍撃の威力には驚いたのですが、さらに使い勝手の良い計略を持っている武将であれば積極的に使用されるのは当たり前のことかと思われます。武力9といえばコストは2.5は必須。そう今バージョンはコスト2.5カードの活躍がクローズアップされるバージョンなのかもしれません。

以下、コメントへのレスを。
>客人さんへ
 相変わらず蜀泣かせのデッキばかり考えられてますねw。麻痺矢と遠弓のコンボなんて考えただけでぞっとしますよ。それに今流行中の孫呉への対策にもなっていてなかなか素敵なデッキではないかと思います。弱点は地味過ぎるといったところでしょうかw。
スポンサーサイト

comment

コスト2.5

コスト2.5の武力9カードの重要性が高まった反面コスト1は計略要員か魏延に斬られるくらいしか使い所がなくなってしまいました(^^;
これは4枚デッキが流行りますか?

2.5と言えばSR呂m(略
SR太史慈がもう少し賢いか柵があれば・・・

R蒋欽=戦の求道者からR蒋欽=地味にすれば良いのですね!(ヒドイ

孫呉相手はけっこう美味しいです。馬孫策やR孫堅が入ってても案外なんとかなります~

trackback

この記事のトラックバックURL

http://appleatoko.blog60.fc2.com/tb.php/240-c3c66d12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。