> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> 三国志大戦日記

三国志大戦 続・引き分けの重み 

 こんにちは。今日は私用で仕事を休んだのですが、その私用が思ったよりも全然時間を要さずに終わったので三国志大戦をちょこっとプレイして帰ってきました。昨日の帰宅途中でのプレイを含めて結果は9勝4敗4分。もうね。引き分け多すぎ。
 使用デッキは、SR甄皇后、R成公英、R涼張遼、C呉景、UC姜維、C羅憲、UC韓当の7枚多色デッキ。R楽進の武力の底上げとC魏続の瀬戸際の踏ん張りよりも、人馬の使い勝手の良さに頼ることに決めたわけですが、悲哀効果と人馬を合わさった時の爆発力のおかげで爆発力のあるデッキに対抗する術を得た反面、8枚の攻め方(使い捨て戦法)に慣れてしまった私にはイマイチ攻めきることができなかった対戦も増えてしまったのが引き分け増加の一番の要因じゃないかと思っています。
 あと、人馬の使い勝手の良さは最高ですが、これに慣れてしまうと折角練習した騎馬スキルが落ちそうな予感もしてたり。次期バージョンアップでは下方修正対象ですよね。
スポンサーサイト

comment

trackback

この記事のトラックバックURL

http://appleatoko.blog60.fc2.com/tb.php/297-6928a9c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。