> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> 三国志大戦日記

三国志大戦 全国大会店舗予選結果 

 前バージョンで計略の範囲は縮小されたものの、相変わらずUC夏侯惇が大嫌いなあっぷるです。こんばんは。
 昨日(18日)、ついに全国大会の店舗予選に参加してきました。参加店舗はアドアーズ亀戸。ええ、今まで一度もプレイしたことがないゲーセンです(笑)。家から電車を一回乗り換えること30分、丁度集合時間の12時50分に現地へ到着したわけですが、いきなりのサプライズが。
 いつもお世話になっている客人さんが前触れもなく大会の見物にきてくださっていて、さらに当日参加可能だったということで急遽予選に参加するとのこと。客人さんの使う麻痺矢デッキは大嫌いなので対戦するのは勘弁願いたいのですが、対戦さえしなければ心強い味方なので歓迎しておきました(笑)。

32.jpg


 当日の申し込み者で予選参加者はなんとか定員32人に達し、厳選なる(?) トーナメント抽選の結果、私が引き当てた抽選番号は最終32番。なんとか客人さんとの初戦マッチングは避けられることが出来、ほっとしたのもつかの間、初戦の相手の方のデッキは、大苦手のUC惇入り求心デッキでした。私の使用デッキは、いつもの粘り手腕デッキ、軍師は周瑜。

sanka.jpg


 始めに結果からいうと、良い勝負が出来たのは台選択のじゃんけんまでで、肝心の対戦の方はというと、中盤のぶつかり合いで端攻城を行った淩操の一発でリードを奪ったものの、終盤に押し込まれての逆転負けでした。
 終盤に逆転されたわけですが、勝負のポイントは中盤のぶつかり合い時です。あちらが求心をうってきたのでこちらは手腕で対抗したわけですが、惇の雲散で甘寧と太史慈の計略が無効化されてしまったので甘寧の粘りでさらに対抗。そうこうしている時に淩操の端攻城がなんとか決まったわけですが、自陣近くでは相変わらず攻防が行われている最中。で、その際にSR甘寧を落とされるのを嫌った私は、つい奥義兵力増援まで使ってしまったんですよね。先程の攻防で士気差が1ついたにも関わらずさらに奥義まで使い、後半はまさにじり貧。あそこは絶対に辛抱しなければいけませんでしたね。あそこで勝負が決まったといっても過言ではありません。その他にもミスはいくつか犯しましたが、私のスキルではあんなもんだと思います(笑)。
 ちなみに私の屍を超えていった方は求心と雲散を巧みに使い、準優勝をしてました。どうせなら優勝して頂きたかったのですが、優勝した君主もかなりの筋金入りの求心デッキ使いで、逆転につぐ逆転の面白い対戦の末の敗北でした。残念。
 最後に今予選で一番驚いたことでも。なんと参加した32君主の中で、蜀と群雄単色デッキで参加した君主がひとりもいませんでした。群雄はともかく、蜀が一人もいないって(笑)。群雄や呉と組み合わせた2色デッキで蜀カードをみかけることはありましたが、いつから蜀は他勢力の傭兵になっちゃったのでしょうか(笑)。もちろん魏使用者が一番多く、呉の使用者も思ったよりは多かったのですが、トーナメント終盤には全て魏陣営に駆逐されてしまいました。他の店舗の状況ははっきりとは知らないのですが、そういった意味で異質な店舗だったのかもしれませんね。
 まだ他店舗では予選を行うところもあるようですが、私の予選への挑戦はこのチャレンジのみ終了になるかと思います。面白かったのでもう一回ぐらい出たいところですが。その点は残念です。もし大会に参加しようか迷っている方がいらっしゃるなら、私は参加することをオススメしますよ。
スポンサーサイト

comment

雲散で主力二枚が消されたのが痛かったでみたいすね~( ̄▽ ̄;)

やっぱり求心多そうですね…(´・ω・`)

かなり遅くなりましたが(汗

お疲れ様でした~
あの翌日、地元では初戦蜀にキッチリ勝ち、次の神速にキッチリ負けましたw
私はあと2回出るかも・・・本当に廃人ですw

trackback

この記事のトラックバックURL

http://appleatoko.blog60.fc2.com/tb.php/420-00cd4a9d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。