> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> 三国志大戦日記

三国志大戦 再び超局地戦チャレンジ結果 

 騎馬カードが3枚以上入っているデッキは扱えないことを2コス限定超局地戦で思い知ったあっぷるです。こんばんは。
 今回の超局地戦、初日の惨敗が悔しくて、日曜日に再出陣してきました。初戦は魏単機略で臨んだわけですが、同じく魏単機略の相手にボコボコにされてしまい、機略を使うのは諦めて大徳デッキにチェンジ。デッキ構成は以下のような感じ。

 SR劉備、R魏延、UC張飛、R馬超

 難しいことを考えない、とてもわかりやすい構成かと。実際にプレイしたところ、これが結構勝てるデッキでした。ただし、R周瑜が相手のデッキにいなければの話ですが(笑)。周瑜がいるとどうしても手駒の差で負けてしまうわけです。そんなわけでデッキを以下のようにちょっといじり、再チャレンジ。

 SR劉備、R魏延、UC張飛、R趙雲

 このデッキが強いのなんの。結局一回も負けずに9連勝したところで終了となりました。R趙雲TUEEEEEEEEEEEっ!蜀には他に優秀なコスト2カードがたくさんあるせいか全く目立っていませんが、こんなに使えるカードだったんですね。知力7の神速戦法はとても使い勝手が良く、先程のデッキでは苦手だったR周瑜入りデッキに対してもこのカードだけで勝てるようになりました。このカードがもうちょっと人気あってもおかしくないよ…。
 さて、最後に今回の超局地戦で思ったことなのですが、コスト2の重みというものを改めて痛感しました。1枚でもかけてしまうと戦線があっという間に崩壊してしまうため、結構一方的な対戦が多かったように思われます。ワンミスが致命的に効いてしまう大会でしたね。
スポンサーサイト

comment

trackback

この記事のトラックバックURL

http://appleatoko.blog60.fc2.com/tb.php/424-eda36db0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。