> スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • --.--.-- --:-- 
  • コメント(-) |
  • トラックバック(-) |
  • URL |

> 三国志大戦日記

三国志大戦 ピンチが一転 

今日人と会う用事があり外出したのですが、
急な用事で結構な時間遅れるという連絡があったので
それなら時間つぶしに
三国志大戦の群雄伝イベント穴埋めをやりにいったんですよ。
(こんな時のためにカードケースはいつも持ち歩いてますw)

とりあえず優先的に穴埋めを行っている蜀伝でもと、
8章イベント用デッキをなにも考えずに台の上に置いたわけです。

その時の私のデッキは↓
HE劉備・R徐庶・R馬超・R司馬徽・UC張飛

で、なにも考えずにボタンをポチポチ押しながら
ゲーム画面をみてみたら…














中国地図と侵攻度が表示されてますよヽ(´Д`;≡;´Д`)丿。

くしくも群雄伝蜀伝8章と全国対戦10州は同じ荊州が舞台なわけですが、
相手のレベルが違いすぎますよw。
しかもよりによって制圧戦(1勝先取)の続きから。

もう気分は一勝一敗状態。
自分のミスを棚に上げ、
待ち合わせに遅れた知り合いを思いっきり恨んでたわけですが、










(本日二度目の空白スペース)









なんと2連勝で制圧成功ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ。

今までの苦労はなんだったんだwwwwwww。

初戦の相手は人馬一体デッキ。
R董卓・R華雄・R賈ク・C侯成・C蔡邕。
完全に勝負を諦めていたので
序盤で張飛と馬超でガンガン攻めてリードを奪うことに成功。
人馬一体を兵法連環と大車輪で食い止め優勢勝ち。


二戦目は八卦桃園デッキ。
LE諸葛亮・R姜維・UC黄月英・LE横山劉備・UC馬岱。
開戦直後に馬超が諸葛亮を踏み、
おまけに張飛が一騎打ちで姜維に負けるという失態を犯し、
兵法を早々に使用してしまう。
攻めてくる相手に増援を使われ
3分の1程度城ゲージを削られてしまう。

一旦の休戦の後、
今度相手が忠義の援兵+桃園の誓いで攻めてきたのを
ターゲット諸葛亮への全軍突撃+徐庶落雷で跳ね返すことに成功。
そのまま攻め上がり逆転。
落城はならなかったものの、優勢勝ち。


三戦目はさすがに気が抜けたのもあり、
大徳デッキに為す術もなく優勢負け。
自分の騎兵のあまりにも下手な操作にうんざり。
2体になっただけで全く操作がついていけてない(´Д`)。
一回集中して練習する必要性が絶対あるわ。


今日の展開はどこぞの携帯会社のCMみたく
「予想外」なことばかりでしたが、
正直自分が愛用しているデッキでの成功ではないので
微妙な感がありありです。
失敗なら失敗で文句を言いまくってたでしょうけどw。

今日の教訓:人間失うものがなくなると強い
スポンサーサイト

comment

trackback

この記事のトラックバックURL

http://appleatoko.blog60.fc2.com/tb.php/79-4214c04b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。